2012年03月11日

横須賀 安浦

01Akamon.jpg

以前から気になってたが、近所だとなかなか行かない。
ふと思い立って今日見て来た。
県立大学(昔の京急安浦駅)から北へ少し行ったとこ。
聖徳寺坂の脇にある「赤門」と呼ばれる長屋門。江戸時代からの建物。
今でも私有地の中に建っているので、中には入れなかったけど、
いい造りでした。
02AkamonUme.jpg
白い小さな梅の花がほぼ満開。

03Michishirube.jpg
この門の脇にある道標。明治の末までここは海に面した江戸から浦賀へ通じるメインラインだったそうな。
へー、ここまで海だったのか。
大正時代に安田保善社ってとこが埋め立てて、この土地をその「安」の字をとって安浦と名付けたらしい。。へー知らなかった。

04ishigaki.jpg
赤門からさらに北へ歩く。
これまた古そうでなんだか懐かしい石垣。
綺麗に苔が生えている。

05tsuta.jpg
その石垣の上。
今では多分、耐震上許されないブロックの積み方が美しい。
ツタの絡まり具合も趣がある。

06HumikiriShita.jpg
この上に人しか渡れない踏切があった。

11Keikyu.jpg
「テツ」でなくても、男ならこの距離で電車が見れるとワクワクする。
横須賀中央〜安浦間のトンネルから赤い電車が顔を出すところを待ってみた。

07YasuuraView.jpg
高台にあるこの踏切からの眺め。
埋め立てられて平成町が誕生する十数年前までは、
素晴らしいオーシャンビューだったはずだ。
東京・横浜から京急に乗って来て、
さっきの中央〜安浦のトンネルを抜けると、車窓にパーッと海が広がり、
海水浴の子供達の「わー!海だー!」って声が聞こえたもんだ。
今はすっかり近代的なマンションが立ち並ぶ。

08kShotokujiHana.jpg
車で通り過ぎるばかりだった聖徳寺坂。
歩いてみると、陽当たりのよい石垣には、
こんな小さな花が。なんと言う花なんだろ。
写真を撮ってると、チャリンコを押して上ってきたオヤッさんが、
顔に似合わす「この花かわいいだろ?」と自慢げに言ってた。

09Tsubaki.jpg
また路地を上ると、椿の花。
幹がこれでもか!ってほどよじれている。
いっていどうして、こんな生え方してるのか。。。

10shouwa.jpg
てっぺんには昭和を感じさせる、外壁が木板の家。

12Komatsu.jpg
国道16号へ下って、料亭小松。
明治18年創業だそうだ。
15年くらい前まで、この反対側の回りを取り囲むアールの付いた壁が印象的だったが、
今は取り壊されてしまい、ここもマンンションが建ってる。

13Otona.jpg
夜の街で有名だったころの名残。
posted by Taro at 19:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩
この記事へのコメント
いい風景ですね。普通がいい。そう思います。
Posted by BOOTLEGGERS at 2012年03月11日 19:26
町。それの良さがでた写真だと思い。ありがとうございます。
Posted by ブートレガーズ at 2012年03月11日 19:47
Taroさんと一緒にお散歩した気分に(*^^*)
隙間ありブロック塀、良いですな♪
Posted by はるな at 2012年03月11日 22:11
ブートレガーズさん
ありがとうございます。
近所でも、車を降りて歩いてみると、いろんな発見があって面白いです。
Posted by Target at 2012年03月13日 13:36
はるなさん
ありがとうございます。
ブロックの写真、暗くてツタがよくみえませんね。
もう少し明るく撮った写真もあるのですが、
すると今度は空の青々が出ない。。。
写真、難しいです。
Posted by Taro at 2012年03月13日 13:40
ブートレガーズさん
あれ、なんだろ名前の欄がtarget になってる(笑)。
自分の名前予測変換で拾い違えました。
Posted by Taro at 2012年03月13日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54394028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック