2011年09月19日

横須賀 Blue Note

IMGP4118.jpg

横須賀のジャズ喫茶の老舗「Blue Note」が閉店してしまうとのことで、
ぎっくり腰の養生中の俺、どうしようかと思ったのだが、
やっぱり行って来た。


横須賀のブルーノート。
1979年開店だから、東京のブルーノートよりずっと前からある。
学生時代にこの店の近所の電気屋でバイトしてたのは'86年くらいだろうか。
週3〜4回。休憩時間には必ずこのブルーノートに行って、
コーヒーを飲みながらジャズを聴いていた。
ま、少し背伸びして大人の世界に入りたかった訳だ。
タバコを覚えたのもこの店。ちょっとカッコつけたかったのか。
タバコの煙りとコーヒーとジャズ、それが絵になる。そんな時代。

IMGP4130.jpg

カウンターの壁には、米兵が置いて行ったドル札。

IMGP4124.jpg

カウンターのガラスの下に、チック・コリア「ライト・アズ・フェザー」のジャケット。
この店で初めて聴いて、帰りにレコード屋で買って帰った。

IMGP4126.jpg

こっちのテーブルにはソニー・ロリンズ。
昔と同じ。

P1100735_2.jpg

この天井際の装飾が70年代を感じる。
この下で、マスターがタバコくわえながらコーヒー入れてくれたのを思い出す。
これがまた絵になった。とてもかっこいいマスターだった。
亡くなって久しい。
客が途切れると、ジャズだけでなく、「こんなのも好きなんだよ」と言って、
イーグルスとかのアメリカンロックもかけてくれた。

IMGP4128.jpg

大人になったら、ここに通って、
夜はビール飲みながらジャズだなと思ったもんだけど、
自分が大人になったのを忘れてた。
申し訳ない事に、年に数回か、あるいは顔を出さないまま、
あっという間に月日は過ぎ去り、今日になってしまった。
この大好きだった場所が21日に閉店というのが残念でならない。

posted by Taro at 20:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
バンド始めた頃、連れてってもらったね。懐かしいな。それより、ぎっくり腰大丈夫かね!
Posted by SUGA at 2011年09月25日 00:23
そうそう。
あのころジャズがブームだったよね(笑)。
ぎっくり腰はだいぶ良くなったんだけど、
同窓会バンドで腰をかばって楽器を弾いたら、
今度は左手親指が腱鞘炎(笑)。
Posted by Taro at 2011年09月26日 15:33
閉店なんだ、いきたかったね。俺も腰をやったらしく、辛い日々を送ってます、いやぁ〜ライブやりたいね〜、年はとりたくないね〜。
Posted by yuto at 2011年10月30日 17:17
Yuto
そうなんだよ。残念だよね。
LP 一枚終わったとこで帰ったんだけど、
会計終わって、階段降りる時に流れ始めたのが、
マイルスの「ラウンド・ミッドナイト」だった。
後ろ髪引かれる思いだったよ。。。

腰、大丈夫か?仕事柄辛いな。
俺もまだまだだけど、少しは良くなってきたかな。
ザイブス、サードアルバム年内完成の夢は絶たれたな(笑)。
年はとりたくないねー(笑)。
Posted by Taro at 2011年11月12日 20:28
3人とも腰やっちゃったら、ツェッペリンのアコースティックコーナーみたいに座ってライブやろうかね(笑)。
Posted by SUGA at 2011年11月15日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48034228
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック