2011年04月09日

京都3

15KyotoAme.jpg
京都3日目。
昨日から降り出した雨がまだ止まない。
今日は雨に濡れないように、街歩きでもしようかと思い、
一眼レフは持たずに宿をチェックアウト。
荷物だけ預かってもらう。


阪急電鉄に乗る。
16ChocolateTrain.jpg
去年の神戸へ行くときにも乗ったチョコレート色の電車。

河原町の駅を降りると、ここにも興味深い建物。
17Tokasaikan.jpg
東華菜館。中華料理のレストラン。1926年竣工の日本で最古のエレベータを持つ建物だそうだ。
京都の町は面白い。

ふと路線図を見ると、三十三間堂が目についた。
京阪電車で七条で降りればすぐらしい。
雨も上がってきたし、一人旅の気軽さで予定変更!
宿に戻って、一眼レフとって来てから三十三間堂へ向かう。
しかし、到着するとまた雨。
Sanjusangen.jpg
ま、でも雨の風景もまた良し。

濡れて美しい早咲きの桜が見れました。
SanjusangenSakura.jpg

この建物は1266年に再建されたもの。
当時は地震で倒壊する建物が多かったので、
この三十三間堂の再建の際には、当時の技術の力を尽くした耐震構造にした。
と、書かれた建物内部にある資料には、この度の震災の影響か、
たくさんの人が見入っていた。
18Sanjusangen.jpg
そのおかげで、700年以上もこの姿をとどめているのだ。
当時の技術力に驚く。

そして、三十三間堂の前にある京都国立博物館へ。
しかし、改装中のため中に入れず。残念。
建物だけでも見たいと隣の土産屋で話したら、
奥の休憩場から見れますよと教えてくれた。
KyotoHakubutu.jpg
ガラス越しだったけど、この建物も実に素晴らしいな。
また来るときには、ゆっくりと見たいもんだ。

宿まで戻り、近所の居酒屋でランチ。
居酒屋のランチメニューって旨いんだよな。
curry.jpg
「和こう」ってとこだったと思う。
ととたんカレー。柔らかい牛タンがのったカレーは絶品でした。

午後三時。京都の街ともお別れ。
20Shinkansen.jpg

品川に着くと、節電の暗さに驚いた。
21Shinagawa.jpg
しかしやはり、自分の街へ続く赤い電車に乗ると落ち着く。
京浜急行が動いてなかったらどうしようと思っていたのだが、
しっかり動いていてくれて、無事帰宅。

今回の旅、震災の1週間後ということで、ショック覚めやらず、
携帯で常に地震情報をチェックしたり、宿ではニュースを見たり、
地震のことが、常に頭の中にあった。
しかし、行って良かった。
ゆっくりといろいろ考える事が出来た、充実の旅だったと思う。
そしてまた、京都へは行ってみたい。
posted by Taro at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44217598
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック