2010年08月14日

横須賀上町の古い建物

横須賀の上町。
以前から気になっていたのだが、
調べてみると、この商店街、100年近い歴史があるそうだ。
http://www.uwamachi-ginza.com/introduce.html
P1090427.JPG
古い建物に惹かれる今日この頃、お盆休みの一日目は、
わが町横須賀の上町を歩くことにした。
図書館や、横須賀文化会館などがあり、子供の頃からよく通った街並み。
近年作られたアーケードに隠れてしまい目立たないのだが、視点を変えると、なるほど、古い建築がこんなにたくさん残ってる。
P1090413.JPG
クリーニング店。当時はさぞかしモダンな建物だったことだろう。

こういう洋風の装飾を施した建築様式を「看板建築」というらしい。
なんでも、関東大震災後に流行ったものだというから、もう80年くらい前のものになるわけだ!
http://www.maboroshi-ch.com/cha/tab_04.htm
P1090414.JPG

こちらの建物の装飾も素晴らしい。
P1090416.jpg
P1090417.JPG

呉服店の看板建築。
P1090419.JPG
こうなると、アーケードが非常に邪魔に思えてくる。
新築の頃は、この銅板が輝いてさぞかし綺麗だったことだろう。
P1090421.JPG

写真店のショーウィンドウ。
欄間のとこに入ってるステンドグラスをよく見れば、、、
P1090425.jpg
本物だ!
P1090426.JPG
最近よくある、フィルム貼りの偽物じゃない!
色付きのガラスを切り貼りしてある一点ものだよ。
いま買ったら相当な金額になるはず。(職業柄気になるんだよねw)

こういう手の込んだ装飾に、職人の心意気を感じる。
P1090427.JPG

現在は画廊として営業してるこのお店。
P1090463.jpg
こういう形で、ほかのお店も残して行ってほしい。
現在取り壊し中の商店とかもあって、とても残念に思ったから。
近くで見れば、この装飾は銅板が編み込まれて作られている!
P1090465.JPG
今の能率優先の建築現場じゃ信じられない手の込みよう。

先ほどの呉服店の欄間。
P1090467_2.JPG
ぎょえ〜〜!、一枚一枚違う種類のガラスを10センチ角くらいに切ってはめ込んである!なんと手間のかかること。
しかも、これら板ガラスはもう一般には販売してないぞ。
いやー、素晴らしい作品だ。美しい。

こうなると、上町は博物館だな。
残して行ってほしいなー。
アーケードとか取っ払って、昔の町並みを復元とかしたらどうだ?
けっこうな、町おこしになるんじゃなかろか?
たのむ!そうしてくれ〜〜!
posted by Taro at 11:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40151636
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック