2010年04月25日

ピカソatそごう美術館

Picaso.jpg
ピカソが横浜に来てるって言うんで、
ひっさしぶりに横浜そごうに行ってきた。
「そごう美術館開館25周年記念 ピカソと20世紀の巨匠たち」
この建物が出来たときは、でっかくてびっくりしたもんだ。
確か、一階にスタジオがあって、TVKのミュージックトマトかなんかを生放送してたのを良く見に行った記憶がある。
あれから、もう25年も経つのか!

美術に関しては、全くの素人だが、
美術館に行くと毎回、絵の持つ力に驚かされる。
ふっと目をやった瞬間に、訴えかけてくるその衝撃たるや、
それはそれは迫力もの。
この感動を持ち帰りたくて、
出口付近で売ってる、パンフレットなんか開いても、
もう、それは全く別物で興ざめである。

ピカソの「草上の昼食」(1961年)
luncheon.jpg
これは、マネの真似(笑)だそうで。
Manet-Dejuner-1863-lg.jpg
ピカソのイカレっぷりったら、
完全にロックンロールだ!

この人の絵も良かった。
エミール・ノルデって言う人の「月夜」(1903年)
Nolde.jpg

もう、これは、
拾ってきたこんなコピーじゃ100分の1も本物の力が伝わらない。
ほんとに、それはそれは美しい絵だった。

あと、ホルスト・アンテスって人の、
「三番目の風景画」って絵のイカレっぷりも、
大笑いするほど凄かった。
けど、どこにも見つからないので載せられず、残念。

見終わって、屋上へ上がると、
岡本太郎の「太陽」。かっこいい!
Taiyo.jpg
TaiyoUp.jpg
かっこよすぎる。
posted by Taro at 19:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37364001
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック