2009年09月27日

Daryl's House

todd.jpgSmokey.jpg
すごい番組だ。↓
http://www.livefromdarylshouse.com/

ダリル・ホールが様々なゲストを我が家に招いて、一緒に演奏するって設定。
ゲストは、
スモーキー・ロビンソン、
ニック・ロウ、
トッド・ラングレンなどなど、、、す、すごい。
今日は、トッド・ラングレンのエピソードをよーく見た。

いやー、この二人、やっぱり歌い方とかそっくりだな。
字幕が無いからよくわからんが、やっぱり「同時代を同地域で一緒に育った」みたいな事を言ってた。
なんかプロデューサーだったらトッドのほうがぜんぜん先輩なのかと思ってたら、
なんか同世代の友達のようで意外だった。

演奏の合間のちょっとしたジョーク、
「このリフ、ツェッペリンのハートブレーカーみたいじゃない?」といいながら、
そのまま演奏しちゃったり、なんか俺らみたいじゃん(笑)。

バンドのみんなも混ざって料理作って食ったり、
ソーセージ作ってるときは、十代の子供のように「Oh! It's a boy!(男の子です!)」と、お決まりの下ネタでおおはしゃぎ(笑)。いや、いいなーこういうの。実に楽しそうだ。

俺の最近のお気に入りのダイアン・バーチちゃんもこれに出るらしい。
明日がその収録だってTwitterに書いてあった。(この書き込みでこの番組知ったのだ)
これも、すごく楽しみ。
70年代テイストあふれる彼女が、ダリル・ホールとどんな演奏を聴かせてくれるのか、
実に楽しみである。
posted by Taro at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自宅でライブが出来るってのが最高ですねっ!
国内の場合、自宅とスタジオは分けてる人が殆どですもんね〜。
やはりホームパーティー好きな御国柄ですねっ。

俺も前々から感じていたのは、ミュージシャン達の上下関係がイマイチ分からない…(笑)
TOTOなんてスタジオで出会った人達かと思ってたら学生時代から一緒にやってた仲間らしいし、ポリスの各自の歴史なんて驚く事実ばかりですよ、ええ。
Posted by 盆造(´ー`)y━・~~~ at 2009年09月28日 10:04
盆造さん
遅くなりました。
いつもコメントありがとうございます。

この家、セットかと思ったら、本当にダリルホールの家みたいですね。(英語力ある方のお話)。
ほんと、こんな風に自宅でライブできるなんて羨ましいです。

ほう。トトもそんな感じですか。
人脈って面白いですね〜。
Posted by Taro at 2009年10月01日 16:23
 トッド・ラングレンがナッズをやっていた六十年代後半、ダリル・ホールはソウルのスタジオ・ミュージシャンをやったり、ガリヴァーとか、ザ・テンプトーンズ等という如何にも売れなさそうな(笑)バンドに居たそうな。既にジョン・オーツとも出会っていたとか。
 そして三人共、当時はフィラデルフィア。凄い話です。H&Oのセカンド・アルバムのプロデューサーをトッドが担当したりはしていますが、「名が知れたのはトッドが先」という程度の「仲間」という関係なのでしょうね、きっと彼等の中では。

 トトは親の繋がりも有りますもんね。三代目シンガーはジョン・ウィリアムズの息子でしたし。
 デイヴィッドの父、ジャズ界では有名だというマーティ・ペイチの写真を御覧になった事はありますか? そっくりで笑えます。
 しかし、あんな学生バンドが同じ学校に居たら・・・、嫌んなっちゃいますよねぇ(笑)。

人見
Posted by 人見欣幸 at 2009年10月24日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32464857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック